モノクロ/日活スコープ/10巻/2725m/99分
       
封切日
1958.9.23
撮影
姫田真佐久
監督
舛田利雄
照明
森年男
企画
水の江滝子
美術
木村威夫
原作
井上友一郎
録音
宮永晋
脚本
池田一朗
音楽
鏑木創

舛田利雄    
       
 
CAST
石原裕次郎 北原三枝 中原早苗 大坂志郎 岡田真澄 清水マリ子 土方弘 二谷英明 轟夕起子 二本柳寛 柳沢真一 深見泰三 山田禅二 宮崎準 天草四郎 新井麗子
 
併映
『東京は恋人』(井田探監督/沢本忠雄・堀恭子・大津美子・小園蓉子主演)
『33年大相撲秋場所前半戦』
 
内容
東京で三人のヤクザを殺して神戸に潜伏中の殺し屋・レフトの次郎は、麻薬取引に絡んで消された杉田屋の妹に恋をするが・・・。
神戸を舞台に繰り広げられる、日活アクション初期の傑作。
 
   
 
◆トニーは何処/
南京町の祭りの場面にエキストラ出演したらしい(ノンクレジット)。
 
 
 
◆伊勢守ノート/
【そのときの何でもないシーンだけど裕ちゃんがマコ(北原三枝)を探していて、中国のお祭の蛇踊りにぶつかるでしょ。それを撮影しているとき、「舛さん、あの子いいだろう」とプロデューサーがいうんです。蛇の行列の先頭で旗を振っている子、それが無名の頃の赤木圭一郎だった。】
・・・以上、舛田利雄監督の述懐。(「対談・自由のために戦ったアウトローたち/舛田利雄VS矢作俊彦」キネマ旬報・82年10月上旬号所載)しかし、ビデオでは画面が小さすぎて判別不可能。
ついでに、そのお祭り見物の群衆も目を皿のようにして見たが、これ、もしかして・・・という人物はいるものの、元々ピントが合ってないのでこれまた判別不可能。
ご存知の方があれば、ご教示ください。