1961(未完成)/カラー/日活スコープ
       
封切日
―――
撮影
姫田真佐久
監督
野村孝
照明
岩木保夫
企画
児井英生
美術
横尾嘉良
脚本
山崎巌
録音
古山恒夫
野村孝
 音楽
大森盛太郎

吉田憲二
 
       
 
CAST
赤木圭一郎 芦川いづみ 葉山良二 笹森礼子 内田良平 江木俊夫 杉山俊夫 東野英治郎 深江章喜
 
併映
―――
 
内容
元ボクサーの船員・牧竜太郎は、車に轢かれそうになった子供を助けたのが縁で、親代わりのさかえが
切り盛りしているクラブの臨時バーテン兼マネジャーとして働くが、そこにはギャングの魔の手が・・・

 
 
◆伊勢守ノート/
裕次郎主演で企画され、裕さん骨折リタイアのためトニー主演に変更、半分ほど消化したところで惜しくもトニーが亡くなったため、代役を立てるかどうかの協議の末製作中止・・・。
翌62年に高橋英樹主演で作られた完成作は、脇がしっかりしているので余計なことを考えなけりゃけっこう面白く観られます。でもやはり、あぁこれがトニーだったらとつい思ってしまうので、熱演した高橋英樹は随分損したなという感じです。とはいえ、予定通り裕次郎が演っててもおそらく水準作止まりだったでしょう(シェーカーが振れて、歌もイケるトランペットの名手で元ボクサー、子供が好きでさわやかで、おまけに模型造りもウマイ二枚目の船員・・・ちょいと偉すぎゃせんか?)。
なお、高橋英樹版とのキャスティングの違いはこんな感じ。
赤木圭一郎→高橋英樹、芦川いづみ→吉永小百合、葉山良二→二谷英明、内田良平→佐野浅夫、東野英治郎→滝沢修など。江木俊夫、笹森礼子、杉山俊夫はそのまま