カラー/日活スコープ/7巻/2243m/82分
       
封切日
1960.3.20
撮影
藤岡粂信
監督
松尾昭典
照明
森年男
企画
高木雅行
美術
木村威夫
脚本
宮田輝明
録音
橋本文雄
柏木和彦
 音楽
山本直純

 
 
       
 
CAST
赤木圭一郎 二谷英明 大坂志郎 稲垣美穂子 和田悦子 岡田真澄 殿山泰司 清川玉枝 初井言栄 高品格 深江章喜 武藤章生 天草四郎 河上信夫 雪丘恵介 浜村純 山田禅二
 
併映
『六三制愚連隊』(西河克己監督/和田浩治・清水まゆみ・小高雄二・稲垣美穂子主演//3.20〜22)
『ある脅迫』(蔵原惟繕監督/金子信雄・西村晃・白木マリ主演//3.23〜25)
『銀座旋風児・目撃者は彼奴だ』(野口博志監督/小林旭・浅丘ルリ子・青山恭二主演//3.26〜29)
 
内容
自らの手でチャンピオンを育て上げる夢が挫折した野中は、大学の拳闘部で昭を発見、夢よもう一度と昭を誘う。電子工学の技師をめざす昭はプロ入りを拒むが・・・
 
 
◆伊勢守ノート/
日活アクション・スターなら、まるで昇級試験みたいに大抵一度はボクサーを演じてますが、 それらの擬斗を担当した阿部幸四郎氏によれば、一番サマになってたのが小林旭で、 トニーは「まあまあ」だったそうです。(スポーツグラフィック・ナンバー誌/246号より)